頑張れは禁句だけど|うつ病の方との接し方を学ぼう【きめ細かな配慮が必要になる】

頑張れは禁句だけど

女性

不要な励ましはやめる

うつ病の家族がいる場合や、職場にうつ病の患者がいる場合、周囲の人間はとても気を遣うものです。それは、うつ病という病気に対してどのように対処すればいいのかを知らないからと言えます。知らないことは誰でも怖くて、もし自分の発言で症状を悪化させてしまったらと考えると上手に接することができなくなってしまいます。よく、うつ病の患者に対して「頑張れ」が禁句と言われていますが、最近ではそれは間違っているといった研究もされています。不要な励ましはプレッシャーになってしまうのは事実ですが、背中を押す励ましは必要だと考えられているのです。うつ病にかかる患者の多くが根が真面目で、繊細な面を持っています。色々なことを一人で抱えてしまう傾向がありますので、その負担を少しでも軽減してあげられるように接しましょう。患者に対しての接し方は基本的に今まで通りで問題ありません。逆に気を遣うような接し方をされてしまうと、そのことすらもプレッシャーに感じてしまいますので注意が必要です。腫れ物に触るようなことは必要ないのです。不要な励ましや、檄を飛ばす必要はありません。しかし、前向きになれるような発言までを制御してしまうのは良くないのではないでしょうか。患者本人も前向きになる治療を行っているわけですから、そのことを無視したような接し方はしないようにしてください。うつ病の人に接する時の注意点は、うつ病のことを理解していないような発言をすることです。「怠け病」「だらしない」など本人がしたくてもできない状態になっていることに対して理解していないような発言は禁句。元々真面目で勤勉なタイプの人がなりやすいのがうつ病です。今まで当たり前にできていたことすらできなくなってしまうからこそ、うつ病なのですから、そのことを理解しないような発言はより症状を悪化させてしまいます。うつ病の患者との接し方で大切なのは、辛いのが誰なのかをしっかり理解してあげることです。周囲から見ると怠けているように見えることも、治療には必要となってきます。患者と接する際には、どんな病気なのかを理解し、不要なプレッシャーを与えないように注意しましょう。接し方に正しいというのは実はなく、その人その人によって違いはあります。いくら労わったとしても、八つ当たりされてしまうこともありますし、気にしないように過ごしていれば、自分は必要のない人間だと落ち込んでしまうこともあるでしょう。色々な面を持っているからこそ、周囲の人間もそれに対して適用しなくてはいけないのです。接し方などと難しく考える必要はありません。患者本人の気持ちを優先させてあげることが大切です。